楽天トラベル
花粉対策グッズ販売館

ツアー 長島スパーランド

長島スパーランドへのツアーのデメリット


長島スパーランドへ行くのは大阪などの関西から行く場合も東京などの首都圏から行く場合も値段だけで比べるとやはりツアーで行くのが安くなることが多いでしょう。

しかし、ツアーで行くというのはデメリットもあります。

まず1つ目は宿泊場所が決まっている。長島スパーランドへ行くツアーの多くは宿泊場所が長島スパーランドのホームページにも載っている3つのホテル「ホテル花水木」「ガーデンホテルオリーブ」「ホテルナガシマ」となっている場合が多いです。

3つのホテル共にいいホテルだと思います。しかし、せっかくの旅行です。宿泊するホテルをもっとリッチなホテルで過ごしたい。もっとゆっくりできるホテルに泊まりたい。と思う方も多いのではないでしょうか?また、それとは反対にツアーで決まっているホテルだと高い。ただ寝るだけなので、もっと安いホテルで旅費を安くしたい。などと考える方もいると思います。

しかし、そのような場合にツアーで行くのを諦めてしまっては元も子もありません。是非一度あなたの決めたツアーを開催している旅行会社に相談してみてください。そうすると意外と簡単に宿泊するホテルを変更できたりすることもあります。

もちろん、全ての旅行会社で融通が利くわけではありません。基本的には断られる覚悟で相談してみましょう。

ツアー 長島スパーランド

長島スパーランドへのツアーの選び方



長島スパーランドへのツアーは思ったよりたくさんあります。たくさんのツアーがあるとどうしてもどの旅行会社のツアーで長島スパーランドへ行こうか迷ってしまいます。そこでどこの旅行会社のツアーで行くかを決める目安となる方法をお伝えします。
インターネットだからこそできる大きなメリットを利用してください。
そのメリットとは何かというと、容易に比較することができる点ではないでしょうか?比較サイトで有名な「価格.com」でもツアーの比較サイトへのリンクがあります。リンク先は「フォートラベル」という旅行の比較サイトです。
このサイトでは旅行先での検索はもちろんカテゴリ別での検索も簡単なので、簡単に長島スパーランドへのツアーの比較ができます。
国内ツアー検索をクリックすると時期にもよりますが、テーマパークへのツアーの特集があることが非常に多いです。もちろんこちらは長島スパーランドだけではなく、全国のテーマパークへ行くツアーが掲載されています。多くの場合はその全国のテーマパークの中に長島スパーランドがありますので、そちらから長島スパーランド近辺に行くツアーが検索できます。
これで比較も簡単にできるでしょう。もちろんヤフートラベルや国内ツアーサイトでは有名なじゃらんのホームページでも検索してみてください。

ツアー 長島スパーランド

長島スパーランドへのバスツアーで行く

長島スパーランドへ行くにはもちろんマイカーや電車で行く方法がありますが、大阪やその他ちょっと遠くから行くのはやっぱり大変です。

そこで利用したいのがバスツアーではないでしょうか。バスツアーではバスに乗ってしまえば長島スパーランドへ寝ていても連れて行ってくれます。楽をしたい方には是非お勧めしたいと思います。

もちろん直行バスのツアーで長島スパーランドへ行きましょう。大阪発の日帰りバスプランでおよそ長島スパーランドのパスポートチケットに2,500円をプラスしたぐらいの額が多いようです。往復で2,500円ですのでマイカーや電車で行くより場合によって割安にいくことができます。

大阪から長島マスパーランドに最も近いインターチェンジの湾岸長島インターチェンジまで大阪から出発すると西名阪自動車道をそして伊勢湾岸道を利用すると2,000円の料金がかかります。往復で4,000円です。

もし電車を利用すると駅からバスかタクシーで移動する必要がありますが、桑名駅が最も近いので大阪から桑名駅まで特急を利用しなくても2,240円かかります。やはりバスツアーでいく方がお得です。更に電車だと乗換えなども必要ですが、バスツアーではバスに乗れば後は長島スパーランドまで連れて行ってくれます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。